治療方法を把握

矯正治療の変化について

矯正歯科の治療はこれまで、歯の表側に矯正装置をワイヤーやゴムで取り付ける場合が多く、装置とワイヤーとの間に大きな摩擦が生じ、歯の動きをさまたげてしまうこともありました。しかし最近では、矯正装置の摩擦力を軽減して、非常に弱い力で自然な歯並びつくりができる治療方法が登場し、患者さんに負担がかからないようになっています。さらに、治療中の患者さんの精神的ストレスを少しでも和らげようと、最近では目立たない矯正装置やスピード矯正などの新しい治療方法が登場し、患者さんから高い注目を集めています。このような新しい治療方法を取り入れる矯正歯科医院は年々数を増しており、歯の矯正治療の現場は日に日に変化を遂げています。

矯正歯科の今後の課題

医療は患者にとって快適で負担の少ない治療が求められます。矯正歯科の治療も同じく、患者にとって快適な治療方法が提供できるかどうかが重要なポイントです。そのためには、治療方法の進化が日々欠かせません。歯の矯正治療は長期間にわたる治療が必要となるため、患者の負担は大きく、治療中の精神的ストレスを緩和することが求められます。また、矯正歯科の治療は他の歯科治療に比べて費用が高額であるため、誰もが気軽に受診できる治療とはいえません。今後は、これらの課題をどう解消し、患者が治療しやすい環境をいかに整えていくかが、矯正歯科医院に求められていきます。そのためには、新たな治療方法を積極的に導入し普及させていくことが大切です。